丸長質舗は昭和30年創業。札幌すすきので57年間信頼のお取り引きをさせていただいております。

電話番号011-521-2808

質屋用語集♪

質屋をご利用するにあたって、聞き慣れない言葉が出てくるかもしれません。

主に使われる言葉をピックアップしてみました。お役に立てば…と思います。

質預かり(しちあずかり)・預け

品物を質屋に預ける事です。

質入れ(しちいれ)

質屋に品物を預けてお金を融資してもらうことです。

質受け(しちうけ)・受ける

元金+質料を支払い、預けている品物(質草)を返却してもらうことです。

質草(しちぐさ)

お金を借りる為に担保として質屋に預ける品物の事です。

質流れ(しちながれ)・流質(りゅうしち)・流れる

預けた品物の預かり期間が過ぎ、借りたお金と預けた期間分の質料を返金できなかった場合に品物の所有権が質屋に移る事です。質屋は基本的に流質のお知らせを致しません。お品物を手放したくない場合は期日をお忘れないようお気をつけください。

質札(しちふだ)

質契約の際にお客様にお渡しする証書です。お客様のお名前、元金や質料の金額、品物のお預かり期間などが書いてあります。お利息を支払われる時、品物を取りに来られる時に必要となります。再発行は出来ませんので、失くさないようにしてください。

質料(しちりょう)

質屋の利息のことです。質料には、貸したお金(元金)に対する利息だけではなく、品物の管理・保管料が含まれています。

元金(がんきん・もときん)

品物(質草)を担保に貸し出される金額のことです。

利上げ(りあげ)

お預かり期間は3ヶ月間ですが、それ以降質料(利息+保管料)を支払うことによって流質期限を延長する事です。 1ヵ月分の質料を払うと、1ヶ月期限延長、2ヶ月支払で2ヶ月延長となります。

札幌質屋協同組合加盟店
全国質屋ブランド品協会加盟店
有限会社 丸長
札幌市中央区南8条西3丁目
茶やビル1F
Tel:011-521-2808
《営業時間》9:00〜19:00
《定休日》
日曜、祝日、年末年始

模倣品撲滅キャンペーン